アフィリエイト商材レビュー

ユーザー目線ライティングレビュー!ブログで稼げない原因がわかる教材

ユーザー目線ライティングレビュー

小川善太郎さんの「ユーザー目線ライティング」

比較的マイナーな教材で、レビュー記事があまりないので、この記事を訪れたあなたもおそらく本当に買う価値があるのかどうか検討してるところだと思います。
 

実はこの「ユーザー目線ライティング」は私が500記事書いても稼げなくて悩んでる時に買った教材で、私が稼げるようになるきっかけを与えてくれた教材です。

だから個人的にかなりおすすめです。
 

ってことで「ユーザー目線ライティング」のレビューをしていきたいと思います。

その前にまず教材作成者の小川さんを紹介します。

ユーザー目線ライティングの作成者「小川善太郎」さんって誰?

小川善太郎さんのプロフィール

ユーザー目線ライティングの作成者「小川善太郎」ですが以下のような実績があるすごい人です。
 

■メディア運営

  • 7ヶ月で月間90万PV達成
  • 13ヶ月で月間150万PV達成

■法人コンサル実績

  • セキュリティシステム会社様のWebメディア6ヶ月でアクセス数が約4倍アップ
  • パーソナルトレーニングジムのホームページから問い合わせ数が約6倍アップ
  • 結婚関連サービスのブログのアクセス数が6ヶ月で約10倍アップ
  • 健康食品販売サイトのアクセス数が6ヶ月で約43倍アップ

■個人指導実績

  • 40代後半の主婦のブログが15ヶ月で50万PV突破
  • 30代半ばの会社員のブログが12ヶ月で15万PV突破
  • 30代半ばの個人事業主のブログが6ヶ月で15万PV突破

■講師実績

  • 株式会社キャッチザウェブが主催するオウンドメディア構築塾の講師
  • 超有名な情報教材「PRIDE」のゲスト講師

 

まず実績がすごいです。

7ヶ月で月間90万PV。

しかも外注で、ですよ。
 

ちなみに普通の人は半年で月間1~10万PV程度しか行かないのが普通ですからね。
 

コンサルの実績もアクセス4~43倍、とかなりすごいので教えるのもかなり上手いことが窺えます。
 

また小川さんは資産ブログのアクセスを増やすライティングワークショップなども開催していて実は私も参加したことがあります。

実際にお会いした感想はめっちゃいい人でした。

話し方も上手くてわかりやすく、確かにこの人にコンサル受けたら稼げるだろうなーと納得しました。
 

ちなみにたろお流メディアライフという自身のブログでは顔出しもしてます。

小川善太郎さんのYouTubeチャンネル「たろおちゃんねる」

小川善太郎さんはYouTube「たろおちゃんねる」を開設していて、ブログで稼ぐノウハウを無料で教えてます。

無料でここまで教えちゃっていいの?ってくらい結構具体的なことまで教えてくれてるのでかなり参考になりますよ。
 

私が気に入った動画をいくつか紹介します。
 

資産ブログ(90万PV)に集まるキーワードのアクセス数を分析した


 

キーワード選定のコツ!失敗する人に見られる 共通点とは?


 

たろおチャンネルを見る
 

ちなみに私はたろおチャンネルのブログのノウハウの動画は全部見ましたが、本当に無料の割にかなり役立つことを教えてくれてます。

最近はメルマガやステップメールの動画を出してますがステップメールを作ってる私は今も参考にさせていただいてます。

ユーザー目線ライティングはどんな教材か?

では肝心の「ユーザー目線ライティング」はどんな教材なのか。

まず教材の目次はこんな感じ。

第1章:ユーザー目線とは?
第2章:ライティングの原則
第3章:ブログライティングでユーザー目線を実践する方法
第4章:ユーザー目線のベースとなる未来思考
第5章:ユーザー目線の思考を身に付ける方法
追加1:ライティングをどこまでこだわるべきか?
追加2:ユーザー目線ライティング~応用編~
添削動画7つ

 

ユーザー目線ライティングはその名の通り、ユーザー目線(検索ユーザーの視点)を身に着けるための教材です。

同時にライティングの教材でもあります。
 

どちらかというと
 

ユーザー目線を身に着けることがメインでライティングはサブみたいなイメージです。
 

ライティングの教材だと思って買うと物足りなく感じるかもしれませんが、ライティングのテクニックが知りたいだけの人は他の教材を買えばいいです。
 

ユーザー目線ライティングを買うべきなのはズバリユーザー目線というライティングの本質・ネットビジネスの本質を身に着けたい人です。

ユーザー目線ライティングでは読者にちゃんと役立って、なおかつブログにアクセスを集められるようになるユーザー目線の考え方と、ユーザー目線をライティングに活かすための具体的な方法が学べます。
 

そうはいってもユーザー目線って抽象的でよくわからないって人もいるかもしれません。
 

もう少し具体的に話すと、ブログにアクセスを集めるには書いた記事を上位表示させる必要があります。

書いた記事が上位表示するのはグーグルがあなたの記事を相対的に見て優れてると判断した時です。
 

これを判定するのは実は検索ユーザーです。
 

今のグーグルは賢くて、検索ユーザーの行動をロボットで追ってます。

そしてよりしっかり読まれた記事とか、検索ユーザーの悩みを解決した記事を上位に表示しようとします。
 

その結果として、検索ユーザーに一番役に立つ記事が1位に表示される傾向があります。
 

つまりブログにアクセスを集めるためには検索ユーザーの気持ちにしっかり応えることが重要なんです。
 

そしてそのためには

検索ユーザーがなんで検索してるのか?

=検索意図を把握してそれに応えること

が一番重要なんです。
 

検索ユーザーの検索意図を把握するために一番重要なことは検索してる人の気持ちになって考えることです。
 

ここで必要になるのがユーザー目線なわけです!
 

そしてユーザー目線の身に着け方を教えてくれるのがユーザー目線ライティングなのです。
 

ただのライティング教材とあなどってはいけませんよ。

ユーザー目線ライティングと他のライティング教材との違い

「ユーザー目線ライティング」は他のライティング教材とだいぶ違います。

私は「才ゼロ」とか「THE ESSENCE」とか、いくつかアフィリエイター向けのライティング教材を持ってますが、それらの教材とは種類が違う、という感じなので正直あまり比較はできません。

学べることの種類が全然違う感じですね。
 
具体的にどう違うのかお伝えします。
 

1. テクニックよりマインドがメイン

ユーザー目線ライティングが教えることはただ一つ。
 

ユーザー目線を持つこと
 

シンプルにこれだけです。
 

ユーザー目線のユーザーとはグーグルの検索ユーザーのことです。

つまりユーザー目線とは、検索者の目線ということですね。
 

ユーザー目線で書かれてない記事

→検索ユーザーに読まれないから稼げない
 

ユーザー目線で書かれた記事

→検索ユーザーに読まれるから稼げる

 

だから「ユーザー目線」が死ぬほど重要ですよ、と教えてるのがユーザー目線ライティングという教材なんです。
 

ユーザー目線=読者の気持ちを理解してそれに応えるのがユーザー目線ライティングです。
 

そんなのできて当たり前じゃんって思う人もいるかもしれませんが、意外とできてない人が多いです。
 

というか稼げてない人はこれができてない人が多いです。

人はなんでも自分に都合よく解釈してしまう生き物ですから。
 

だから今ブログである程度の記事数を書いても稼げてない人はユーザー目線が欠けているからかもしれません。
 

ちなみに他の人のユーザー目線ライティングレビューを見ると、ライティング教材なのにライティングの具体的なテクニックがあまり書いてないと書かれてたりします。
 

確かにそうなんですけど、ブログ記事で細かいライティングのテクニックって実はそんなに重要じゃないんですよ。

むしろそういうテクニックを実践したところでブログで稼げるようにはなりませんから。
 

ブログで稼ぐためにテクニックより圧倒的に大事なのが記事を書く時のマインドです。
 

いかに検索ユーザーの気持ちを理解してそれに寄り添った文章を書くか。
 

これが超重要でありこれがすべてと言っても過言ではないです。
 

私たちアフィリエイターは小説を書くわけじゃありません。

小説なら買った人はみんな読みたくて買うので読んでくれますけど、ブログ記事は選べるので、読者に好かれない記事は読まれません。

そして読者が好む記事か好まないか記事かの一番のポイントは読者の気持ちを理解しててそれに応えられてるかどうか、です。
 

これができてれば文章のテクニックはあまり関係なく読まれますし、できてない記事はいくら上手い文章を書いてても読まれません。
 

ブログ記事で大事なのは読者の心をつかんで記事を読ませることなので、テクニックよりお客さん(=読者)の気持ちをつかむことの方がよっぽど重要なんです。
 

ってことでたかがマインド論と侮らない方がいいですよ。
 

2. SEOで超重要な冒頭文の書き方がわかる

ユーザー目線ライティングで学べるテクニック面の一番の肝は
 

「冒頭文の書き方」
 

です。
 

ブログ記事で一番重要なのは冒頭文です。

そして第1文目が一番重要です。
 

なぜかというと、スマホユーザーが増えた今、記事にアクセスしてきてもすぐに戻るボタンを押して離脱してしまう人が多いからです。

そういう人は冒頭文だけ読んでこの記事違うなーと思って戻るボタンを押します。
 

これをされないためには冒頭文で検索ユーザーの気持ちをしっかりとつかんで続きを読みたいと思わせることが大事です。
 

だからユーザー目線ライティングでは冒頭文の書き方を一番詳しく解説してます。
 

私は冒頭文の書き方がここまで詳しく具体的に書かれている教材を他に知りません。

冒頭文の書き方を学ぶためだけでも8,800円払ってユーザー目線ライティングを買う価値があると思います。

それくらい冒頭文ってブログで稼ぐためには重要です。
 

3. 第1章が重要!ユーザー目線に沿った見出し構成の作り方がわかる

ユーザー目線ライティングはライティング教材なので記事の構成の作り方はちゃんと解説してます。

冒頭文
見出し1
見出し2
見出し3
まとめ

みたいな記事構成はこの教材に限らずいろんな教材やブログ書いてる人が解説してるのでこれくらいはアフィリエイターならほとんどみんな知ってると思います。
 

でも「ユーザー目線ライティング」が伝えてるのはその中でも見出し1=第1章が一番大事、ということ。

ユーザー目線で検索ユーザーが知りたいことに知りたい順番で応えることが重要なんです。
 

これは意外とわかってない人が多いところだと思いますし、私も外注していてよく外注さんの記事を修正するときに指摘してたところです。

普通は起承転結で文章を書くけど、それじゃダメなんですよね。
 

どういう順番で見出しを入れるかで記事が最後まで読まれるかどうか、滞在時間が変わりますよ。

ちなみに無料動画でもさらっと解説してます。

ブログ記事の構成を間違えると上位表示しないのはなぜ?


 

4. 記事のダメなところ添削動画7つでコンサル受けてる気分を味わえる

最後にユーザー目線ライティングの本編とは別に小川さんが主に自分が外注してるライターさんの記事を添削してるところを実践して見せる動画があります。

これが実はかなり役立ちます。
 

いくら教材を読んでも理解したつもりになってるだけで実は理解できてないことがありがちです。

この添削動画で実例を見ることでそのミスマッチを防げます。
 

そしてこの添削動画のほとんどは冒頭文の修正です。
 

冒頭文がブログで稼ぐうえで最も重要な部分で、ユーザー目線ライティングに肝ともいえるところ。

小川さんが直接冒頭文を修正してるところを考え方つきで見れるので、この7つの動画を見れば誰でもユーザー目線ライティングを忠実に再現した冒頭文が書けるようになるはずです。
 

 

余談ですが、ほとんどの情報教材って再現性が低いです。

それはなぜかというと教材実践者と教材作成者の頭の中が同じにならないから。
 

いくらマニュアルでノウハウを教えても完璧に理解させるのは難しいですし、ノウハウの吸収力には個人差が出ます。
 

でもユーザー目線ライティングには添削動画がついてます。

この動画を見れば記事を書く時の小川さんのあまたの中身が見れます。
 

添削動画では小川さんがどんなことを考えてどういう理由で冒頭文を修正しているのか、その思考過程とビフォアアフターの記事が見れます。

このやり方をマネすれば誰でも小川さんの冒頭文の書き方をコピーできます。
 

ユーザー目線ライティングが他のライティング教材より優れてるのは間違いなくここですね。
 

小川さんがこの添削動画をつけた理由は購入者に小川さんのコンサルを受けるのと同じような効果を与えるため。

実際動画は何回見れますし、これを何回も見たらコンサル受けるのと同じくらいの効果が得られそうな気がします。
 

・・・ちなみに小川さんの個別コンサルは1時間20,000円です。
 

さすがユーザー目線ライティングの作成者なだけあってユーザー目線で買った人がちゃんと稼げるようになるにはどうすればいいかを考えて、添削動画をつけてるわけです。

だからユーザー目線ライティングは買えば必ず役に立つ、超実践的な教材だと思います。
 

ちなみに無料で見れるYouTube動画の中にもさらっとですが他人のブログ記事を添削してるものがあります。

雑な記事の書き出しを勝手に添削してみた:キーワード「空き巣 手口」


 

ユーザー目線ライティングについてる添削動画はこれのもっと詳しいバージョンで7個あるのでかなり参考になりますよ。

ユーザー目線ライティングはどんな人が買うべきか?

ではユーザー目線ライティングはどんな人が買うべきなのか。

こんな人です。
 

  • ブログで結構な記事数を書いたのに思ったようにアクセスが来てない人
  • 自分の記事の質に自信がない人
  • 自分にユーザー目線がある自信がない人
  • ブログの滞在時間が短い人
  • テクニックではなく本質のライティング技術を身に着けたい人
  • 読者からの反応がいい記事を書けるようになりたい人

 

ぶっちゃけブログで稼ぎたい人ならほとんどの人に役立つと思います。
 

買わなくていいのはすでにユーザー目線で記事を書いてる自信がある人ですね。
 

でも正直私も買う前は一応ユーザー目線で記事を書いてるつもりでした。

私は中学生の時からインターネットで検索してて検索する人の気持ちは大体わかるので。
 

そんな私でも小川さんの冒頭文の書き方は目から鱗で買った後確実に書き方変わりましたし、わかってるつもりでもわかってない人、またはわかっててもそれを記事に活かせてない人が多いと思います。

だから自分ではわかってるつもりの人でも買う価値はあると思いますよ。
 

ちなみに一番役に立つのはブログで何百記事も書いてるのに思ったように稼げてない人ですね。
 

そういう人はユーザー目線で記事が書けてない可能性が高いので。

過去の私のように自分ではちゃんと読者のこと考えて記事を書いてるつもりでも意外とその思考が記事に反映されてなかったりしますからね。
 

ブログ初心者が稼げない一番の原因はキーワードであることが多いんですけど、キーワードはちゃんと選んでるのに稼げないのだとしたら、ライティングが原因の可能性が高いです。
 

また普通のアフィリエイト教材には冒頭文の重要性も冒頭文の具体的な書き方もあまり書いてないです。

だから軽視しがちな人が多いですが、冒頭文は稼げるブログと稼げないブログでだいぶ差がつくところです。

冒頭文の書き方を上達させるとかなりアクセスアップに役立つことは間違いないと思います。
 

そんな冒頭文の書き方を上達に一番役立つ教材が「ユーザー目線ライティング」です。

この部分は中級者以上の人にとっても普通に役立つと思います。

ユーザー目線ライティングはブログで稼げない原因がわかって初心者脱出に役立つ教材

ユーザー目線ライティングは私が稼げなくて悩んでる時に手にした教材であり、私が稼げるようになるきっかけを与えてくれた教材です。

だから私のブログ記事のライティングもユーザー目線ライティングで学んだことがベースになってます。
 

どんなブログでもサイトでも、メルマガでもYouTubeでも、相手の気持ちを考えてそれに応えるのが読まれるための基本なので、「ユーザー目線」は非常に応用が効く考え方です。
 

ブログで稼げない原因はユーザー目線が欠けてるからであることが多いので、ユーザー目線ライティングでユーザー目線を学ぶことで稼げない原因がわかり、初心者脱出に役立つと思います。
 

ってことで個人的にかなりおすすめの教材です。
 

では最後にユーザー目線ライティングの詳細と私の特典を紹介しますね。
 

ユーザー目線ライティングの詳細

教材名ユーザー目線ライティング
価格8,800円
販売者小川善太郎
教材内容第1章:ユーザー目線とは?
第2章:ライティングの原則
第3章:ブログライティングでユーザー目線を実践する方法
第4章:ユーザー目線のベースとなる未来思考
第5章:ユーザー目線の思考を身に付ける方法
追加1:ライティングをどこまでこだわるべきか?
追加2:ユーザー目線ライティング~応用編~
添削動画7つ

 

教材は添削動画等全部合わせて収録時間は約3時間の音声動画です。
 

ボリュームが少ない、というレビューもあります。
 

でもボリュームは多ければいいってものでもないですよ。

私はやたらボリュームが多い教材を何個か持ってますが、ほとんど役に立ってませんから。
 

それに比べてユーザー目線ライティングは冒頭文の書き方とか、大事なことだけをピンポイントで教えてくれるのでかなり実践的で役に立ちます。
 

ちなみに購入者特典として、購入後3か月以内に自分が書いた記事を小川さんが1つ添削してくれます。

添削動画7つと合わせて実際に小川さんから記事添削を受けることでより確実にユーザー目線の記事の書き方を身に着けられるでしょう。
 

黒沢特典の紹介

このサイトからの購入者限定で黒沢が普段使ってる外注用ライティングマニュアルを特典としてプレゼントします。

その名も「黒沢が初心者主婦ライターとの2年の闘いの末に作り上げた初心者主婦にいきなり質の高い記事を書かせるライティングマニュアル」です。
 

中身はまさにタイトル通りの物です。
 

この外注用ライティングマニュアルですが、ユーザー目線ライティングの考え方をバッチリ反映して作成してます。
 

というか実は私は元々外注だけで7ヶ月で月間90万PV達成、13ヶ月で月間150万PV達成した小川さんが販売している外注マニュアルを使って初心者主婦ライターに記事のライティングを外注してました。

しかし外注してるうちに結構うまくいかないこととか、修正作業が頻発したりしたのでそのマニュアルを何度も改良を繰り返してきました。
 

実際に2017~2019年まで2年ほど外注しながら、いかに初心者主婦ライターに書かせても質の高い記事が納品されるかを目標に改良に改良を重ねて完成したのが私が今も現役で使ってる外注用ライティングマニュアルです。

最初の頃は何度も修正が必要なライターもいましたが、今では初心者主婦ライターに書かせても大きく修正が必要な記事が上がってくることはあまりなく、最初に1~3回微修正を指示するだけで済むレベルになり、外注の手間がかなり減りました。
 

つまり、このマニュアルを使うと、外注ライターを育てる手間がほとんどかかりません。

納品された記事の修正もほとんどいりません。

このマニュアルさえあれば外注がかなり楽にできます。
 

ちなみにユーザー目線ライティングの考え方に加えて話しかけるような文章の書き方など、オリジナル要素も加えてるので今では元々の小川さんの外注マニュアルとは別物になってますが、本質的な部分は変わってません。
 

というわけでそれなりに価値が高い外注マニュアルだと思ってます。

近い将来5000円~1万円くらいの独自教材として販売することも考えてるものですが、今回ユーザー目線ライティングの購入者さんに特別に特典としてお付けします。

もし販売開始したらこの特典はなくなるかもしれないのでそのときはご了承ください。(この文章が書いてある間は問題なく特典として付きますのでご安心ください。)
 

(追記)
特典に「500記事書いて1万 →80記事で8万 のBefore After(マインド・キーワード選定・ライティング)完全公開PDF」を追加しました。

これはタイトル通り500記事書いて1万しか稼げなかった私が80記事で8万稼げるようになったBefore Afterをマインド編、キーワード選定編、ライティング編に分けてわかりやすく解説したものです。
 

500記事書いて1万しか稼げなかったときの私が何を考えてどんな作業をしていたのか。

80記事で8万稼げるようになった私が現在何を考えてどんな作業をしているのか。

 

この違いが明確にわかるPDFです。
 

要するに稼げない人がやってることと稼げる人がやってることの違いがわかるということ。

これを参考にすればあなたも稼げる側に行く近道になると思います。

なので正直かなり価値の高い特典と自負しております笑
 

というわけで黒沢特典は2つ。

  • 「黒沢が初心者主婦ライターとの2年の闘いの末に作り上げた初心者主婦にいきなり質の高い記事を書かせるライティングマニュアル」
  • 「500記事書いて1万 →80記事で8万 のBefore After(マインド・キーワード選定・ライティング)完全公開PDF」

 

この特典付きで「ユーザー目線ライティング」が欲しい方は必ず以下のリンクからご購入お願いします。

黒沢特典付き「ユーザー目線ライティング」の購入はこちら
 

ユーザー目線ライティング特典付き購入画面

購入の際はインフォトップの購入画面に黒沢特典が表示されてることを確認してください。

ご購入後、特典はインフォトップの購入画面からダウンロードできます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です