アドセンスで稼ぐ方法

アドセンス記事の文字数は1000文字じゃ全然足りないし、文字数より大切なことがあるよ

アドセンス記事の文字数

アドセンスブログの記事の文字数を何文字くらいにすればいいか。

初心者なら悩むところですよね。
 

1000文字以上って答える人が多いですが、1000文字じゃ足りません。

今回はアドセンス記事の文字数は何文字必要なのかについて解説したいと思います。

アドセンス記事の文字数が1000文字じゃ足りない理由

アドセンスブログの記事の文字数は1000文字以上を推奨してる人や教材が多いですが1000文字じゃまず足りません。

中には500字以上とか600字以上とか800字以上と言ってる人もいますが、1000文字でも全然足りません。
 

理由は簡単。

グーグルの検索結果に上位表示してる記事の文字数を見ればわかります。
 

上位表示してる記事のほとんどは2000字以上書いてることが多いです。

2000文字でも少ない方で、最近は3000文字以上書いてるサイトも多いです。
 

上位表示しないとアクセスはこないのでブログで稼ぎたければ基本2000文字以上は書く必要があります。
 

1000文字というのはあくまで昔の基準。

アドセンスブログの実践者が少なかった時代の話です。

  • かなり昔:200字でも稼げた
  • 昔:600字でも稼げた
  • ちょっと昔1000文字でも稼げた
  • 最近:1500字以上ないと稼ぎづらい
  • 今:2000字以上ないと稼ぎづらい

 

こんな感じでアドセンスを実践する人が増えるにつれて、稼ぐために必要な文字数がどんどん増えてきてます。
 

だから600字以上でいいとか、1000文字でいいとか言ってる人はだいぶ古いです。

今の時代に稼ぐなら最低2000字は書いた方がいいです。
 

※追記

ろっこさんという方がこんな記事を書かれました。

【これが現実】100個ブログを調べて分かった稼げるブログの14の共通点
 

月間10万PV以上を半年以上稼いでるブログ100個の共通点を調べたというものです。

その内容を整理するとこんな感じ。
 


 

文字数についてのデータをグラフ化したもの。

人気記事の文字数
出典:https://4-bh.com/100_blogs/
 

つまり稼いでるブログの中での人気記事、つまり一番アクセス来てる看板記事の文字数を調べたそうです。

その結果3000~5000字くらいの記事が多くてあとは1万文字以上が圧倒的に多い。
 

これを見ると本気で稼ぎたければ1000字じゃ全然足りないし2000字でも少ないくらいなことがわかります。
 

私自身このブログ書いててほとんどの記事が3000字以上になってますし、4000~5000字くらいの記事も多いです。

特に文字数意識してるわけじゃないですが、ちゃんとライバルに質で勝てて読者に役立つ情報を届けようと思うと自然とこれくらいの文字数になるという感覚です。
 

ってことで文字数の指標を与えるとすれば最低でも2000字で、できれば3000字以上は書いた方がいい、また1万字書けるようなキーワードなら1万字以上書くべきということになりますね。

記事の文字数が何文字必要かはライバルサイトによる

先ほど2000文字書いた方がいいと言いましたが実際アドセンス記事に必要な文字数はキーワードによって変わります。

なぜなら、ライバルサイトに勝てさえすればいいからです。
 

極端な話、ライバルが全然いないキーワードなら600字でも上位表示できます。
 

たとえばライバルがいない新しく出たばかりのニュースなどのトレンドキーワードを狙って稼ぐトレンドアフィリエイトでは、文字数よりスピードを重視するために500字でいいからとにかくライバルサイトより早く記事を書くことが大事と教えてる人もいます。

トレンドアフィリエイトならそういうやり方も一理あるでしょう。
 

しかし600字の記事はライバルサイトに簡単にマネされますし、そのライバルサイトが同じキーワードで1000文字以上の記事を書けば検索順位を抜かれてしまうことが多いです。

なので1000字以下の少ない文字数の記事を量産するやり方だとブログが資産になりにくいです。
 

たとえば私がアドセンスで稼ぐためにキーワード選定をしてるときに、1位の記事の文字数が1500字以下のキーワードを見つけたらこの記事薄いから勝てるなって思います。

普段3000字前後の記事ばかり書いてる人の感覚だと1500字以下の記事は内容は薄く感じます。
 

私と同じように考える人は多いため、1500字以下の記事ばかり書いているとライバルサイトにより文字数の多い記事を書かれて順位を抜かれやすいのです。
 

だからライバルがまったく入ってこないような特殊なジャンルを攻めるわけでもない限り、たとえそのときはライバルがいなかったとしても2000文字以上書いた方が長期的に稼ぎ続けることができる可能性が高いです。
 

また、キーワードによってはライバルサイトの文字数が非常に多いです。

稼げるキーワードなら1万文字以上書いてる記事ばかりのキーワードとかもあります。
 

こういうキーワードはもはや文字数だけじゃ勝負できません。

1万文字の記事に2万文字の記事で対抗すれば勝てるとか、そういう話ではないですからね。

記事の分かりやすさや読みやすさでいかに最後まで読ませるかってところも重要になってきます。
 

これは極端な例ですが、キーワードによって現状上位表示してるライバルサイトがどれくらいのボリュームの記事を書いてるかは全然違います。

ライバルサイトよりいい記事を書こうと思ったら自然と文字数はライバルサイトと同じくらいか、それより多いくらいになるはずです。
 

だから文字数は絶対何文字以上とかと決めるのではなく、ライバルサイトを見て決めるべきなのです。

アドセンス中級者以上の人が文字数を気にしない理由

アドセンス中級者以上の人に

「ブログの記事の文字数は何文字にしたらいいですか?」

と質問すると

  • 「記事によって違います」
  • 何文字にするかなんて考えてないです」
  • 「文字数を意識してたら稼げませんよ」

などと答える人が多いです。
 

つまり中級者以上の人は記事の文字数なんて意識してない人が多いのです。
 

その理由は中級者以上の人からしたら当然なんですけど、ブログの記事って全部検索順位1位狙って書くものです。

じゃなきゃ稼げないからです。
 

 

初心者はとにかくアドセンスはたくさん記事を書けば稼げると勘違いしてる人も多いともいますが、その考えじゃ稼げません。

なぜなら、ブログの記事数とアドセンス収入はまったく比例しないからです。

24記事のサイトが340記事のサイトより稼いでたりします。
 

ブログの記事数と収入は全然関係ない!?20サイトのデータ公開!
 

アドセンス収入に関係があるのは上位表示してる記事の数だけです。

上位表示できない記事を書いても意味がないのです。
 

そして上位表示しようと思ったらライバルサイトより質のいい記事を書くのは当然のこと。

そのキーワードですでに上位表示されてるライバルサイトよりもよりユーザーの役に立つ記事を書かなければ検索順位を抜くことはできません。
 

だからアドセンスでそれなりの金額を稼いでる人はみな、キーワードごとにライバルサイトを見ながらそれよりもいい記事を書こうと努力して記事を書いてます。

その結果、ライバルサイトよりボリュームのある記事に仕上げることが多いため、文字数はライバルサイトより多くなるのが普通です。
 

文字数だけで勝負するわけじゃないのでライバルサイトより文字数さえ多ければいい、というものではないですが、質で勝つよりは量で勝つ方が簡単ですからね。
 

というわけで基本的にアドセンスで稼ぎたいなら記事の文字数を何文字以上にすると決めるのは間違ってます。

文字数よりもいかにライバルサイトよりもユーザーに役に立つ記事を書くかを意識して記事を書きましょう。

文字数が書けない人はまず見出し構成を作ろう

とはいえ、初心者はなかなか文字数の多い記事は書けないと思います。

最近6000字以上の記事を2記事書いた私がそのコツを教えますね。
 

見出しのタイトル通りですが、見出し構成を考えてから記事を書けば文字数が多い記事も簡単に書けます。

その具体的な方法を説明します。
 

最初に見出し構成を考えて記事を書く方法

記事構成
 

こんな感じで、記事は見出し+本文の組み合わせを3~5個くらい作って書きます。

こうすれば各見出しごとに400~500字程度書くだけで2000字以上の記事が簡単に書けます。
 

冒頭文とまとめも書けば、見出し3個でも簡単に2000字以上の記事ができます。
 

また、見出しを考えながら記事を書くのではなく、見出しを最初に決めてから記事を書くのがオススメです。

その方が書くことが整理されて記事を書くのも早くなるからです。
 

見出しの決め方

見出しは読者の知りたいことを知りたい順番で書くのがベストな構成です。

たとえば「天然水 値段」というキーワードをメインにして記事を書く場合を例にします。
 

記事タイトル:天然水の値段はいくら?どこで買うと安い?オススメは?
見出し1:天然水の値段はいくら?
見出し2:天然水はどこで買うと安い?
見出し3:オススメの天然水ベスト3!

 

読者がまず最初に知りたいのは天然水の値段なのでこれを見出し1にします。

読者が次に知りたいてあろうことが「どこで買うと安いのか?」なのでこれを見出し2に入れて、最後がオススメの天然水。

この順番で教えてあげると読者にとって非常にスムーズに知りたいことがわかりますよね。
 

最初にキーワードの悩みに対する答えを教えてあげて、その答えを知った人が次に知りたいことを見出し2、見出し3で教えてあげる、という構成にすると記事が最後まで読まれやすいです。
 

また、見出しに書くことが自分で思いつかない場合は、Yahoo!知恵袋にキーワードを入れて検索して読者のニーズを調べ、そのニーズに応える見出し構成を考えます。

それでも思いつかなければライバルサイトの目次などをチェックして見出し構成の参考にします。
 

こうやって見出しを決めてから記事を書けば文字数は自然と増えますし、情報が整理された質のいい記事も書きやすく、一石二鳥なのでおススメです。

まとめ

要点をまとめます。
 

アドセンス記事の文字数を何文字にすべきか
  • 1000文字は結構古くて今は稼ぎたければ2000文字以上書いた方がいい
  • 文字数が少ないと上位表示しづらいし、上位表示しても簡単に順位を抜かれやすい
  • 記事の文字数が何文字必要かはライバルサイトによる
  • アドセンス中級者以上の人はライバルに勝てる記事を書くことを意識していて、文字数は意識してない
  • 文字数の多い記事を書くコツは見出し構成を作ってから記事を書くこと

 

ちなみにこの記事も3000文字以上ですが、私は大体3000字以上書くことが多いです。

キーワードによっては5000字以上書きます。
 

文字数は特に意識せずにいかにライバルサイトよりユーザーの役に立つ記事を書くかを考えて記事を書いた結果です。
 

初心者はこれを意識してない人が多いですが、これを意識しないとアドセンスでは稼げないですし、これを意識するようになると一気に稼げるようになりますよ。

ってことでこれからは文字数を意識するのではなく、ライバルサイトより質のいい記事を書くことを意識してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です