考察

ブログの記事数とアドセンス収入は全然関係ない!?20サイトのデータ公開!

ブログの記事数と収入は関係なし

特にアドセンスメインで稼ぐ場合、ブログの収入は記事数に比例するとよく聞きますね。

でも実際はそんなことありません。

記事数が少なくても稼げるサイトは稼げるし、記事数多くても稼げないサイトは稼げません。
 

今回はブログの記事数とアドセンス収入の関係について私が持つサイトのデータを公開して考えたいと思います。

ブログの記事数とアドセンス収入の関係 20サイトのデータ!

まずは私の持ってる20サイトのデータ公開します。

雑記ブログ編

サイト記事数収入1記事当たりの収入
雑記ブログ1340記事12,979円38円
雑記ブログ2142記事1,695円12円
雑記ブログ380記事82,809円1,035円

 

特化ブログ編

サイト記事数収入1記事当たりの収入
特化ブログ1784記事24,483円32円
特化ブログ2467記事5,291円11円
特化ブログ3336記事32,487円97円
特化ブログ4281記事6,456円23円
特化ブログ5278記事7,949円29円
特化ブログ6216記事5,038円23円
特化ブログ7157記事8,624円55円
特化ブログ8150記事7,063円47円
特化ブログ9150記事4,079円47円
特化ブログ10130記事32,541円250円
特化ブログ11124記事2,645円21円
特化ブログ12121記事30,440円252円
特化ブログ13108記事12,861円83.7円
特化ブログ1487記事15,098円174円
特化ブログ1565記事10,954円169円
特化ブログ1632記事597円19円
特化ブログ1724記事22,128円922円

 

※稼いでるサイトTOP3は赤字
※1万円以上稼いでるサイトは太字
 

記事数多い順に並べたのでもしアドセンス収入が記事数に応じて増えるなら収入も上から多く、下の方に行くにつれて少なくなるはずです。

でも全然そうなってないのがわかりますね。
 

1記事当たりの収入が稼げてないサイトと稼げてるサイトでだいぶ差があるのがわかると思います。

一番稼げてるサイトは1記事当たりの収入が一番稼げてないサイトの100倍近いですしね。
 

ちなみに雑記ブログは全部自分で記事書いて作ったもの。

特化ブログ(特化サイト)は8割くらいは外注して作ったものです。

ブログのアドセンス収入はアクセスが集められるかどうかで決まる

ブログのアドセンス収入はアクセス数によって決まります。
 

記事数は関係ありません。
 

アクセスが集められるかどうかはいろんな要素が絡むので難しいですが、主に
 

需要のあるキーワードで上位表示している記事の数
 

で決まります。
 

それがライバルの少ないお宝キーワードなら大した記事を書かなくても簡単に上位表示してアクセス集まるので24記事のミニサイトで月収2万超えたりします。

逆にライバル強いキーワードばかり攻めてしまうと何記事書いても記事が上位表示せず、340記事のブログで月収1万5000円しか稼げなかったりします。
 

24記事のミニサイト作るのにかかった労力30時間くらい
340記事のブログを作るのにかかった労力1000時間くらい

 

なのにもかかわらず、30時間くらいで作った24記事のサイトの方が稼げてる現実。
 

ブログってやり方間違えるとこんなふうに努力と収入が全然比例しません。
 

まぁ24記事のサイトが稼げたのはたまたまライバル弱いお宝キーワードを見つけられたからなので再現性はないです。
 

ちなみにこっちの記事で書いてますが、私の350記事のブログは5記事のペラサイトにも負けました。

ブログの記事数とアクセス数がいかに比例しないかがわかった話。

書いた記事数の分だけ報酬を増やすコツは?

じゃあ再現性を高めて書いた記事数の分だけ報酬を増やすにはどうすればいいのか?

簡単です。

記事を上位表示させるコツをつかめばいいのです。
 

書いた記事の多くが上位表示できるなら書いた記事の分だけアクセスが増えて収入が増えます。

そうなれば

50記事書いて1万円
100記事書いて2万円
150記事書いて3万円

というように記事数に比例してアクセスが増え、アドセンス収入が増えていきます。
 

実際に私が上位表示するコツをつかんだ後に作ったサイトの1つは

20記事で1.5万
50記事で2万
74記事で4万
80記事で8万

という伸び方をしています。
 

上位表示のコツと言っても簡単なことで
 

自分が書いた記事が現状上位表示してるライバルサイトに勝てるキーワードを選び、

実際にライバルサイトの記事に勝てる記事を書く

 

というただそれだけの話なんですけどね。
 

結局アクセスって検索順位1位にならないと集まらないので、自分が1位になれる身の丈にあったキーワードでかつ需要があるキーワードを選ぶことが重要です。
 

具体的にはキーワードプランナーで需要調べて、グーグル検索結果見てライバルに勝てるかどうか考えます。
 

アドセンスのライバルチェックのやり方。稼いでる人の頭の中全部見せます!
 

あとはやっぱり上位表示しやすい記事の書き方についてはターゲティングとか、記事構成の作り方とか、記事タイトルの作り方とか、細かいノウハウが必要ですね。
 

アドセンスやる人は教材等買ってそれなりにノウハウは学んでる人が多いと思います。

でもライバルサイトに勝てない記事ばかり書いてたり、勝ち目ないキーワードばかり選んでたら全然稼げません。

上位表示するコツをつかまずにただ闇雲に記事数だけ増やすとこうなります。

ブログ失敗体験談!500記事書いて稼げず挫折しかけた話
 

私は500記事書いて稼げない体験をしてかなり悔しかったので、その後少ない記事数で稼ぐ方法をリサーチしまくりました。

それでわかったことこの記事に書いてますが、とにかく記事の質とキーワードの質が大事ってことです。

アドセンスで少ない記事数、少ない労力で稼ぐを追求した結果!

まとめ

以上、ブログの記事数と収入データをまとめて、改めてブログの記事数と収入の関係のなさを示しました。

このブログでは何回も言ってますが、本当に記事数と収入は比例しません。

アクセス集められなきゃ何記事書いても意味ないです。
 

アクセス集めるためには記事を上位表示させる必要があるのでそのコツをつかむまでは結構頑張っても稼げない状態が続くかと思います。

そこで心が折れてブログ止めちゃう人も多いですね。
 

でもコツさえつかめば稼げるものなので頑張ってくださいね。

ブログに100記事以上書いたのに稼げなかった人へ

500記事書いたのに1年以上月1万前後で停滞し、記事を書いても書いても稼げない状態から自力で這い上がって月収50万以上稼げるようになった私が、「記事を書いても書いても稼げない地獄から抜け出す方法」を教えます。

アドセンスで頑張ってるのに稼げない人をゼロにするメール講座へ