初心者向け

ブログ初心者のテーマ選び:好きなことと稼げることどっちを選ぶべきか?

ブログ初心者のテーマ選び:好きなことと稼げること

ブログ初心者が最初に悩むのがテーマ選び。

その中でも特に悩むのが
 

好きなことをテーマにするか稼ぎやすいテーマにするか
 

だと思います。
 

ビジネス的な考え方だとまずは稼ぎやすいテーマから始めた方がいいような気がしますし、私も元々そう思ってました。

でも実際それでやってみた結果、考えが変わりました。
 

稼ぎやすいテーマほど実は稼ぎにくいんですよね。

ライバルが多いので。
 

だから今の私は初心者に好きなことをテーマにすることを推奨してます。
 

その理由を詳しく述べていきますので、ぜひ参考にしてください。

ブログ初心者が興味ないけど稼げることをテーマに選んではいけない理由

まずはなぜブログ初心者が興味ないけど稼げることをテーマにしてはいけないのか、理由を3つ紹介します。
 

1. 続かない

1つは興味ないことをテーマにするとブログを続けるのが難しいこと。

興味ないテーマで記事を何百記事も書き続けるのは結構苦痛です。

余程稼ぎたい気持ちが強くない限り、稼げるようになる前に挫折する可能性が高いでしょう。
 

基本的に初心者が一からブログを始めても、ある程度まともな金額(=月1万円以上)稼げるようになるには最低でも

  • 記事数:200記事以上
  • 期間半年以上

かかります。
 

書いた記事がグーグルに評価されて検索順位に上がってくるまでに3ヶ月~半年かかるからです。
 

また初心者がブログに100記事書いた程度じゃ普通は稼げません。

初心者は最低200記事ぐらいは書かないと稼げないし、200記事でも大して稼げないことはざらです。
 

100記事書いても稼げない & ブログ開始~半年はほとんど稼げない状態でも耐えられる人じゃないとブログは続きません。
 

それが興味ないテーマでできるかって言われたら相当難しいのではないでしょうか。
 

2. 稼ぎにくい

次にぶっちゃけ初心者が興味ないけど稼げることをテーマに選んでもまず稼げません。

最初からセンスがある人とか、運がかなりいい人は稼げる場合もあります。

でもほとんどの初心者は稼げないと思います。
 

理由は明白で、稼げるジャンルほどライバルが多いし強いからです。
 

稼げるジャンルとして知られてるテーマはみんながやろうとするからライバルだらけです。

そのライバルの中にはベテランの強豪アフィリエイターがうじゃうじゃいます。

初心者が戦って勝てる相手ではありません。
 

初心者がいきなり稼げるジャンルをテーマにブログを作ることは今日相撲を始めた人が横綱に勝負を挑むようなものです。

だから初心者が最初に選ぶのにふさわしいのは稼げるジャンルとして知られていなくてライバルが弱いテーマです。
 

少し前の時代だったらライバルが少なかったのでアフィリエイトの難易度が今よりも低く、初心者が稼げるジャンルを選んでもなんとかなったりもしてました。

でも今はそれは通用しないと思ってください。
 

特に最近は稼げるジャンルは企業も結構参入してますし、グーグルが企業サイトを優先して上位表示する傾向があるのでベテランアフィリエイターですら稼げるジャンルへの参入は躊躇するぐらいです。

また稼げるジャンルほど文字数や画像がたっぷりの質の高い記事ばかりが上位表示されてます。
 

1万文字超えの記事とか、オリジナルの画像10枚以上使われてる記事とか。
 

初心者にそんな記事書けないですよね。

だから稼げるジャンルを選ぶことはお勧めしません。
 

3. 運よく稼げたとしても収入が継続しにくい

稼ぎやすいジャンルはライバルが現状でも強いですし、今後もどんどん増えます。

そのため、仮に運よく稼げたとしても、ライバルに抜かれます。
 

2018年は仮想通貨が流行ったのでブームに乗ることで初心者でも稼げた人はいるかもしれません。

でもこういうブームに乗って稼げたとしても後から入ってくるライバルに抜かれやすいです。
 

たとえば検索順位1位になると30万稼げるキーワードがあったら1位の奪い合いがかなり激しいです。
 

1位だと30万、2位だと5~10万くらいだったら誰でも1位取るために死ぬ気で頑張りますよね。

その結果1位取るために1万字超えの記事を書いたり、オリジナルの画像を貼りまくったりして記事の質を高める競争が起こります。
 

稼げるジャンルはこんな感じで検索順位の競争が激しいです。

だから記事を書いた後何もしなかったら検索順位が落ちていきやすいです。
 

そのため、収入がなかなか安定しないわ、順位を維持するために頻繁にメンテナンスが必要だわで収入を継続するのが非常に難しいです。
 

ライバルが少ないテーマだったら放置しても収入落ちないのでその間に新しく稼げるサイトを作るリソースも生まれて結果的にこっちの方が稼げたりします。
 

以上3つの理由でブログ初心者は興味ないけど稼げることをテーマに選ぶべきではないのです。
 

というわけで私はブログ初心者は稼げるジャンルより好きなこと・興味あることをテーマに選ぶべきだと思います。

その理由を3つ紹介します。

ブログ初心者が好きなことをテーマに選ぶべき理由

1. 続けやすい

まずは続けやすいこと。

好きなことや興味あるテーマなら100記事でも200記事でも書ける人が多いと思います。
 

ブログは100記事書いても基本的に稼げないものなので興味ないテーマを選ぶとほとんどの人は挫折します。

でも好きなテーマを選んでる人は稼げなくても記事を書くことにやりがいがあるので続けられます。
 

ブログは

  • 半年で少しは芽が出る(月5000~1万くらい)
  • 1年続けて少しはまともな収益になる(月3~5万)
  • 2年目でやっと開花する(月10万以上)

これくらい稼げるようになるまでに時間がかかるものです。(※あくまで目安です)
 

だから続けやすいテーマを選ぶことがとても大事です。
 

2. 稼ぎやすい

次に稼ぎやすいこと。

好きなこと≠稼ぎやすいことと思ってる人も多いと思いますが、好きなことの方がむしろ稼げます。

理由は好きなことほどライバルと差別化しやすいからです。
 

昔だったらジャンル関係なくある程度稼げた時代もありましたが、今はどのジャンルもライバルが多いです。

だから今の時代に本気で稼ごうと思ったら、自分が好きなこと・興味あることテーマに選んでいかに自分だけのオリジナルなブログを作るかが重要になってます。
 

ライバルが多いテーマでは他人と同じじゃ稼げません。

でも興味ないテーマを選ぶと他人のマネしかできません。
 

だから稼ぐためには自分流の個性あふれるブログを作る必要があり、それができるのは必然的に好きなテーマ・興味あるテーマとなります。
 

特に好き・興味あるかどうかが顕著に表れるのが記事の質です。
 

興味ないテーマで記事を書こうと思ったら他サイトや、書籍に書いてあることをリライトすることしかできません。

これでは他サイトと差別化できず、グーグルにもユーザーにも評価されにくいので稼げません。
 

でも好きなテーマなら自分の感情、意見、経験を入れられるので他サイトと差別化できます。

結果的にグーグルにもユーザーにも好かれてライバルサイトより上位に表示されやすく、稼ぎやすいのです。
 

だから好きなことをテーマに選ぶことが結果的に稼ぐための一番の近道になるのです。
 

3. 収入が安定しやすい

好きなことをテーマに選ぶべき理由3つ目。

それが収入が安定しやすいこと。
 

なぜか?
 

好きなテーマで作ったオリジナル性の高いブログはライバルに簡単に負けないからです。
 

興味ないテーマで他サイトや書籍などを参考にして作った記事はライバルに簡単にマネされやすいです。

その結果、一時的に稼げてもライバルサイトに抜かれて稼げなくなる可能性が高いです。
 

しかし好きなテーマで自分の感情や経験などのオリジナル要素をしっかり入れた記事はそれに興味がないライバルにはマネできません。

だからずっと勝ち続けることができ、収入が安定しやすいです。
 

したがって、長期的に稼ごうと思ったら好きなことをテーマにした方がいいのです。
 

とはいえ、好きなことをテーマにして本当に稼げるのでしょうか?
 

確かにジャンルによって稼ぎやすい・稼ぎにくいはあります。

なのでその兼ね合いはある程度考える必要があります。
 

ただし、優先順位は「好きなジャンル>稼げるジャンル」でなるべく両方満たすことをテーマにしましょう。
 

好きなことといっても候補がある程度ある人もいますよね。

多趣味な人や好奇心旺盛な人なら好きなことだけで10サイト以上作れるかもしれません。
 

その中で何から始めるか。

やはりできるだけ稼ぎやすいものを選びたいのが本音ですよね。

早く稼げるようになりたくてブログ始める人がほとんどでしょうし。
 

でも初心者は絶対に好きなジャンルを優先しましょう。

稼げるジャンルを選んでも結果的に稼ぎにくくあまりいいことはありませんから。
 

で、好きなことの中でなるべく稼ぎやすいジャンルを選ぶことです。
 

ただし、需要の大きさや売る商品の有無によっては稼げないテーマもあります。

最低限稼げるテーマかどうかの判断基準についてはこの記事にまとめたので参考にしてください。

好きなことをテーマにしたブログやサイトで稼げるかの判断基準とは?

黒沢の体験談:始めは稼ぐことを優先してテーマを選んだ結果・・・。

実は私自身もブログのテーマ選びで好きなことと稼ぐこと、どちらを優先するか考えました。

知識のなかった私は稼ぐことを優先してテーマを選びました。
 

自分が作りたいテーマのサイトは稼げるようになってから作ればいいと後回しにしました。
 

その結果どうなったかというと・・・

ブログ失敗体験談!500記事書いて稼げず挫折しかけた話
 

500記事書いたのに月1~2万しか稼げませんでした。

稼げるジャンル、というか当時私が所属してたアドセンスブログの塾で推奨されてたのが季節ネタ中心のごちゃまぜブログだったのでそれを作ったんですけどね。
 
私は季節ネタには全く興味がもてませんでしたが、稼げると聞いて仕方なく記事を書きまくってました。

 
その結果、季節ネタはすでにライバルだらけで書いた記事のほとんどが圏外になり、思ったより全然稼げませんでした。
 

その塾やアドセンスの王道教材は季節ネタをアドセンスで稼げるネタとして紹介してます。

でも季節ネタが稼げたのは昔の話で今はライバルだらけで非常に稼ぎにくいです。

だから私は季節ネタは絶対やらない方がいいと思ってます。

アドセンスで稼ぎたいなら季節ネタだけは絶対オススメしない理由
 

稼げると言われてるジャンルは基本的にライバルだらけのレッドオーシャンです。

初心者が戦って勝てるフィールドじゃないんです。
 

で、500記事書いて稼げなかった私はもうブログやめようかなと思って趣味感覚でミニサイトをいくつか作ってみました。

稼げるかどうかとかはまったく考えず、自分が好きなこととか、こういうサイトあったら役立ちそうだなというアイディアで作りました。
 

その結果、そのうちの一つのサイトが24記事しか書いてないのに500記事書いたブログより稼いでます。

ブログの記事数とアドセンス収入は全然関係ない!?20サイトのデータ公開!
 

そのサイトはたまたまお宝キーワードを見つけたってのもありますが、稼げるかどうかしか考えてない人には絶対思いつかないテーマなのでライバルいないし、入ってこないのでキーワード独占して稼げてます。
 

こういった経験からみて、稼げるテーマに固執してジャンル選ぶより、自由な発想で選んだテーマの方が稼げそうな気がしますね。

ライバルと被らないので。
 

その後も何サイトも作りましたが、好きなことをテーマにして作ったサイトはほとんど外れなく稼げてます。
 

稼げるけど興味ないテーマより自分が好きなテーマでサイト作る方がサイトへの思い入れが全然違います。

だから好きなテーマで作った方が結果的に稼げるようになります。
 

稼ぎたい気持ちはわかりますけど、ブログやサイトで稼ぐにはお客さんに来てもらわないといけないわけで、そのためには人の心に響く記事が書けないとダメなんです。

好きなことや興味あることをテーマにしないとなかなか人の心に響く記事は書けません。
 

本当に稼ぎたいなら稼ぎたい気持ちは心の隅に置いて、ユーザーのためになるサイトを作ることが大切です。

ユーザーのためになるサイトを作るならそのユーザーの気持ちがわかるという意味でも自分が好き or 興味あるテーマを選んだ方がいいのは間違いないですよね。
 

またブログやサイトにファンができるとリピーターができたり、被リンクがついたりして、検索エンジン以外からのアクセスも期待できるようになります。

そうなるとグーグルの評価が上がって順位が上がりやすくなるのでアクセスもさらに増えますし、リピーターからのアクセスだけでも結構な割合になります。
 

というわけで好きなことをテーマにしてブログを作るのは超合理的なんです。
 

問題はテーマによっては需要や売る商品がないのであまり稼げないってことですがあまり稼げないテーマでもやり方次第では大きく稼ぐこともできたりしますよ。

好きなことをテーマにしたブログやサイトで稼げるかの判断基準とは?
 

ってことで初心者がブログをやるなら稼ぎやすいテーマより好きなことをテーマにしましょうというお話でした。

ブログに100記事以上書いたのに稼げなかった人へ

500記事書いたのに1年以上月1万前後で停滞し、記事を書いても書いても稼げない状態から自力で這い上がって月収50万以上稼げるようになった私が、「記事を書いても書いても稼げない地獄から抜け出す方法」を教えます。

アドセンスで頑張ってるのに稼げない人をゼロにするメール講座へ