実践記

ブログ失敗体験談!500記事書いて稼げず挫折しかけた話

絶望

どうも。黒沢です。

そういえば自分の失敗談の記事書いてなかったことを思い出しました。
 

私は初めて稼ぐために作ったブログ2個合わせて合計500記事以上書いたのに全然稼げない、という失敗を犯しています。

この経験を読者に伝えて反面教師にしていただければなと思い、記事にすることにしました。

ブログ x アドセンスで稼ぎたい人には参考になると思います。

ブログに500記事書いたのに稼げなかった話

まず私がなんでブログ、そもそもネットビジネスを始めた理由は本気で稼ぎたかったから。
 

私にはポーカーのプロになるという夢があり、ワーキングホリデーを使って海外にポーカー修行に行きたいという願望がありました。

そのために貯金を貯めていたんですが、ポーカー修行しようと思ったらかなりの資金が必要になるし、貯金じゃダメだと思いました。
 

できればネットから月10万くらいの不労収入があれば・・・。
 

と思いながらいろいろ情報収集していて、情報商材もいくつか買い、ブログもやり始めたところで出会ったのが初心者向けにブログ x アドセンスで稼ぐ方法を教えてる塾でした。

その塾は半年で10万円くらいの費用がかかったんですが、1日1記事書けば誰でも稼げる。70歳のおばあちゃんでも半年で月10万円稼げた、などとうたっていて、サポートも手厚く、これなら行けると思って入塾。
 

実際に入ってみると、確かにサポートも手厚く、マニュアルもわかりやすく、稼げそうなイメージがありました。

塾の生徒専用コミュニティがあり、そのコミュニティ内では先輩が過去に書いていた日記が見放題。
 

これはかなりデカいと思いました。

だって過去に稼いだ先輩のマネをすれば早く稼げるはずだからです。
 

私は過去にオンラインゲームをしていたときの経験で、すでに成功してる人のやり方を徹底的にマネすることが成功への一番の近道だということは知っていました。
 

だから私は最初に100人以上の先輩の日記を読み漁り、情報収集に努めました。

先輩がこのキーワードで1日何PV稼いだなどの情報を見つけては「教えてくれてありがとう!」と思ってそのキーワードをメモしていきました。

情報収集
 

そうやって情報収集をしまくって稼ぐための盤石な態勢を整えた上で、さっそく実践することにしました。
 

稼げた先輩のマネをしまくったのに稼げなかった

当時私は休日出勤も残業もない派遣社員でした。

おまけに仕事中もかなりの時間をサボれたため、時間がたっぷりありました。

たぶん平日は仕事中にさぼってる時間も合わせたら1日8時間、休日は1日14時間くらいはアフィリエイトの勉強 or 作業に費やしてました。
 

その塾では副業でやる人がほとんどだったし、ブログは1日1記事を無理なく書くことを推奨してました。

でも私には時間がありあまってたので1日3記事~4記事は書きました。
 

たくさんの記事を書けばその分人より多く稼げると思ったからです。

それも最初に先輩が稼げてると聞いてマネしたキーワードなどもフルに使って書きまくりました。
 

これだけやれば稼げないはずがないだろう。
 

私は自分が半年以内に月10万は余裕で超えて30万くらいまでは行きたいくらいに思って毎日作業を頑張ってました。
 

しかし思ったようにブログにアクセスは増えません。

先輩が稼げると言っていたキーワードで書いた記事もほとんどがアクセスゼロでした。
 

それでも数でごり押しして根性で記事を書き続けた

記事書き
 

それでも数でごり押しした私は

  • 1か月目は半分勉強したので約30記事
  • 2か月目は70記事くらい
  • 3か月目も70記事くらい

 

とどんどん記事を書いてブログに投稿していきました。
 

でも3か月目の時点で

  • ブログ1・・・約2000円
  • ブログ2・・・約500円

しか稼げてませんでした。
 

一応1個のブログのアクセスが1日100PVを超えました。

でも100PV程度です。
 

先輩の日記だと3か月目には1日1000PV超えてる人が多かったのに・・・。

なんで1日1記事ペースの先輩の倍以上の記事を投稿してる私が先輩の10分の1以下しか稼げないんだろう・・・。
 

悩みつつ、まだまだこれからだとさらに作業を続けます。
 

4か月目はちょうど60記事投稿。

このころには新規ドメインのエイジングフィルターが切れたのかブログのアクセスも増えてきてました。

ブログ収入
ブログ1約7,000円
ブログ2約2,000円
合計9,000円

合計月1万円に惜しくも届かず。
 

ちなみに記事数は

ブログ記事数
ブログ1155記事
ブログ276記事
合計231記事

 

でした。
 

これだけ見ると順調に見えなくもないですが、4か月目は12月で年末特需と言われる時期でクリスマスやお正月、年賀状など稼ぎやすいキーワードの需要が一番上がる時期。

だから過去にその塾である程度成功した先輩のほとんどが12月に1日1万PVを超えて収入は月収10万行ってます。
 

だからそういう先輩と比べて、12月なのに月1万円すらいかなかった私はかなりの落ちこぼれな方だと思ってました。

でも私と同期で入った人の日記を見ても私と同程度かそれ以下しか稼げてない人が大半でした。
 

それを見て「あれ?なんで・・・?」と思い始めました。

稼げると信じてたのに裏切られた気分になり、ここで1回目の絶望感を味わいました。

思ったように稼げなくて焦って別の高額塾に入る

悪魔のささやき

この頃私はブログがあまりにうまくいかないことから焦っていました。

そんな中、「誰でも1ヶ月で10万円なんて余裕で稼げます。2ヵ月で30万とか余裕です」みたいなメルマガに心を奪われ、なんと月25万円もする別のノウハウの高額塾に入ってしまいました。

一応派遣の仕事中サボれた私には2つの塾を並行して実践する時間もあったのでサブとしてそっちの塾も実践し始めました。
 

しかしそっちの塾は作業量が膨大でした。

キャッチコピーでは簡単に稼げる、少ない労力で稼げることをうたっていたのに、いざ入ってみると膨大な作業量が必要で大量の作業をした人だけが稼げる、という実態でした。
 

それでも私はそれなりにその塾の作業を頑張ったんですが、いくつかの案件をやったのに稼げるどころか赤字になり、このままこの塾のやり方で作業しても稼げないと判断して結局2か月くらいでその塾はやめることに。

その塾には返金保証がついてたので返金保証を受けようと思ったのですが、返金の条件はかなり厳しくて受けられず、25万丸々損することに。
 

このときもかなりの絶望感を味わいましたが、それでも最初に入ったブログ x アドセンスで稼ぐ方法を教える塾の方は諦めずに記事を書き続けました。

あっとういう間に塾のサポート期間の半年が過ぎ、結果に絶望する

そんなこんなでそのまま2か月が過ぎ、その塾のサポート期間の半年が終わる頃。

私のブログは12月から記事数は100記事以上増えてましたがアクセスはほぼ伸びませんでした。

塾に入ってから半年後のブログの収入ですが

ブログ収入
ブログ112,500円
ブログ23,500円
合計16,000円
ブログ記事数
ブログ1288記事
ブログ2110記事
合計398記事

 

 

約400記事書いて月収たったの1万6千円です。
 

絶望して泣きたくなりました。
 

普通ならここで挫折してブログ止めると思います。

でも私には諦めませんでした。
 

私には夢があり、本気でポーカープロを目指していて、そのために絶対に月10万円以上稼ぎたいという強い意志があったからです。

半年やって予想の10分の1以下の金額しか稼げなかった私はその塾を継続するかどうかかなり迷いましたが、続けることにしました。

塾の期間を半年延長・・・果たして結果は?

私は逆境に強い性格でした。

塾延長後の初月から飛ばしまくり、なんと1ヶ月で100記事以上書いてました。
 

800字とかの記事じゃないですよ?

1500~3000字くらいの記事です。
 

しかしその努力が生み出した結果に絶望することになります。
 

なんとこれだけ記事を追加してるのにも関わらずアクセスが下がり出したのです!
 

私は心のどこかでこう思ってました。
 

こんだけ記事書いてるのにアクセス来ないのはおかしい。

いつかアクセス爆発する日がくるはず・・・。
 

実はその塾の最初の半年が終わる前に懇親会みたいなものがあって先輩何人かにブログの記事数300記事超えても稼げませんみたいな相談をしたんですがみんな同じことを言ってました。
 

「絶対ある日アクセスが一気に爆発するから頑張って」と。
 

他にも「200記事でダメなら300記事書けばいい」とか、「300記事でダメなら500記事書けばいいよ」とか。

そういうアドバイスをする先輩ばかりでした。
 

なぜなら彼らはみんなそうやって稼げたからです。
 

私も彼らのアドバイスを信じました。

それがモチベーションにもなってたため、1ヶ月で100記事以上書けたのです。
 

でもその先輩たちが言ってた話は嘘ではないにせよ、私のブログには当てはまらないことが判明しました。

ブログ記事数
ブログ1377記事
ブログ2127記事
合計504記事

 

私のブログは合計記事数が500記事を超えたにも関わらず、アクセスが増えるどころか、下がったのです。

具体的には377記事の方のブログですが、3~4か月前よりもアクセスが下がってるのです。
 

3~4か月の間に私はそのブログに120記事くらい追加してたにもかかわらず、です。
 

具体的には

200記事のときのアクセス数が1日1000PVくらい

377記事のときのアクセスが1日500~700PVくらい

でした。
 

その塾の先輩に限らず、

ブログのブログパワーは記事数に比例して増えていく。

だからブログパワーがつけば一気にアクセスが増える。

ただ最初はエイジングフィルターにかかってるので3か月が過ぎて100記事超えたあたりでまずドカッと増えて、300記事超えたあたりでさらに一気に増える。

 

アドセンスの稼ぎ方を教える教材や教えてる人の多くはこんなふうに語ってました。

で、稼げない人は記事を書き続けれらない人だけ。続けることさえできれば誰でも稼げる、と。
 

それは完全に嘘でした。

正確には昔は本当だったんだと思いますが、今は当てはまりません。

アドセンスで稼ぐためのブログを実践するライバルが増えた今、ただ単純に記事数を増やすだけで稼げる時代なんてとっくに終わってます。
 

このとき私はもうこのやり方を続けても無理だと悟りました。
 

500記事書いて月10万稼げなかった。

でも一応少しずつアクセスは増えてる。

1000記事書けばいつかアクセス爆発して月10万行くかもしれない。
 

そういう希望があればまだ頑張って1000記事まで書き続けようと思ったかもしれません。
 

でも私は知ってしまいました。

250記事のときのブログのアクセス数よりも377記事のときのブログのアクセス数の方が少なくなることを。
 

つまり
 

ブログの記事数が全然収入に比例しないことを。
 

努力が全部無駄になることを。
 

ちなみにそれまでの私のブログへの努力量を計算すると1日平均8時間は作業してて

そのとき8か月目=8 x 240 = 1920時間は費やしてました。

もし時給1,000円のバイトをしてたら200万稼げてた。
 

って計算したときはさらに絶望しましたね。

私が塾が教えるアドセンスブログのやり方で稼げなかった理由

ではなぜ私のブログはこんなにも稼げなかったのでしょうか。

今ならその理由ははっきりとわかります。
 

理由①季節系キーワードを狙ったから

実は私のブログのアクセスが100記事以上追加したのに下がったのにはある理由があります。

それは季節系キーワードでアクセスを集めてたからです。
 

季節系キーワードというのはミドルキーワードとも呼ばれますがようはその季節限定で検索されやすいキーワードです。

具体的には冬なら

  • クリスマス
  • 正月
  • 年賀状
  • 成人式

など

 

これに対して1年中検索されるキーワードをロングキーワードと呼びます。

  • 洗濯機
  • 一人暮らし
  • 掃除

など

 

その塾ではミドルキーワードを積極的に使うことを推奨してました。

割合としては8割ミドル:2割ロング
 

理由はミドルキーワードの方が爆発力があり、大きなアクセスが望めるから。
 

季節系キーワードは当たればデカく、1日1000PV以上、私は体験したことないですがキーワードによっては1日1万PV以上来る爆発力があるものもあります。

私の場合は一番当たった記事ですら1日1500PV程度でしたが、他の塾生は1記事で1万PV以上来てる人もいっぱいいました。
 

私が書いたミドルキーワードの記事には爆発力はありませんでした。

そんな私のブログですが、当時アクセス集めてた記事トップ10を見ると、それでも冬にアクセスが来るキーワードが多かったのです。
 

で、当然冬が終わるとこれらの記事のアクセスはなくなります。

その結果、私はブログに125記事も追加したのにアクセスが落ちるという普通に考えたら意味不明の現象が発生しました。
 

外注した記事ではなく、自分でちゃんと書いた記事を125記事ですからね?

あのときの絶望感はなかなかのものでした。
 

季節系キーワードでアクセスを集めてる場合、その季節が終われば当然アクセスは落ちます。
 

塾内で稼げてる人はロングキーワードで1日100以上のアクセスが来る記事がたくさんあるのでミドルキーワードの記事のアクセスが下がってもブログ全体のアクセスはそこまで減りません。

それに次の季節系キーワードがさらに大きなアクセスを集めてくれるので季節が終わってもアクセスが右肩上がりに上がり続けるのです。
 

でもそれは需要のあるミドルキーワードでちゃんと記事を上位表示させることができた場合の話。

さらに需要のあるロングキーワードでブログに底力がツイてた場合の話。
 

どちらもなかった私のブログは季節が終わると同時にアクセスが下がるだけでした。
 

ミドルキーワードはその季節にアクセスを集めるだけなのでアクセスが積み上がっていきません。
 

本来であればその季節が終わったら次の季節の記事のアクセスが増えて、その季節のアクセスが減るころにまた次の季節の記事のアクセスが増えて、というようにどんどんバトンタッチしていろんな記事にアクセスが集まっていく、というやり方です。

この戦略が上手くハマると

ミドル記事でアクセス爆発→ブログパワーが上がってロング記事のアクセスもアップ
→ミドル記事でアクセス爆発→ブログパワーが上がってロング記事のアクセスもアップ

の繰り返しでどんどんブログが強くなり、アクセスも右肩上がりになるのです。
 

ちなみにアクセス爆発っていうのは1日5000PVとか1万PVとかくることなんですが私のブログは一度もそういう爆発はしたことがありませんでした。

500記事も書いたのに。
 

すでに伝えましたが一番アクセス来た記事で1500PVくらい。
 

すでにライバルで埋め尽くされた季節系キーワードで記事を上位表示させるには

  • キーワードの切り口をずらす
  • ライバルがいないけど需要はあるお宝キーワードを見つける

などの難しいテクニックが必要なので初心者には相当難しいと思います。
 

昔は月10万とか余裕でいったみたいですが、今は私が始めた時よりもさらにライバル増えてるので今から初心者がこの手法を始めても月1万すらなかなか行かないでしょう。
 

理由②ライバルが多いキーワードばかり狙ってしまった & マイナー過ぎるキーワードばかり狙ったから

稼げなかった理由の2つ目はキーワード選定のミスです。
 

まずは理由①と被りますが、季節系キーワードはライバルだらけでした。

その塾の先輩たちが稼げるキーワードですでに記事を書きまくってたからです。
 

でもその塾では過去の塾生のデータでも季節系キーワードを狙うのが一番稼げるということが実証されてたため、8割は季節系キーワードを狙うように指導されてました。

私は季節系キーワードが苦手だったこともあり、さすがに8割は書かなかったんですが、それでも6割くらいは季節系キーワード狙ってました。
 

でもやはりすでにライバルで埋め尽くされた季節系キーワードで記事を書いても当然上位表示されず、記事は圏外ばっかりでアクセスゼロの記事を量産するだけでした。
 

また私は最初に先輩の日記を見まくって稼いでるキーワードをマネして記事を書いた話をしましたが、そういうキーワードを狙って書いた記事はほぼアクセスゼロです。

自分より半年以上前にブログを作って100記事以上書いてる先輩たちのブログにはブログパワーで勝てないので先輩と戦っても勝てません。
 

キーワードによってはおそらくその塾の先輩が作ったであろうブログがグーグルの検索結果1ページ目にずらりと10個以上並んでたりします。
 

初心者でセンスのない私でもさすがにベタなキーワードを狙ってもダメだということには途中で気づき、できるだけマイナーなキーワードを狙う方向にシフトしました。
 

マイナーなキーワードを狙うと、確かにアクセスは少しはきました。

でも少しだけでした。
 

検索順位が1位になっても1日10PV以下の記事も多かったです。

ちょうどそのキーワードが検索される季節がきたとしても1日20~50PVとか。

私が選んだキーワードはマイナーすぎたようです。
 

ちなみに例を出すと「年越しそば 宅飲み」で1位とったんですが、12月31日のその記事のアクセスは50PV以下でした。
 

「年越しそば 食べ方」とか「年越しそば 食べる理由」とかで1位とったらたぶん1日で1万PV余裕で超えると思いますが、「年越しそば 宅飲み」はマイナーすぎて1位取る意味がなかったですね。
 

他にもそういうキーワードばかり狙ってしまった私は

  • ライバル多すぎてアクセスゼロの記事
  • ライバルいないけど需要もなさすぎてアクセス1日3~20PV程度の記事

ばかりを量産してしまいました。
 

その結果私のブログは1日100PV以上アクセスの来る記事がゼロという状況でした。
 

ちなみに稼いでる先輩だと

1日1000PV以上くる記事の数1~2個
1日500PV以上くる記事の数5~6個
1日100PV以上くる記事の数20個

これくらいでした。
 

私の場合

1日100PV以上くる記事の数0個
1日50PV以上くる記事の数2個
1日20PV以上くる記事の数8個
1日10PV以上くる記事の数20個
1日0~10PV以上の記事の数350個

でしたからね。
 

理由③記事を上位表示させる意識が足りなかったから

私が稼げなかった3つ目の理由、それは自分が書いた記事を上位表示させる意識が足りなかったからです。

アクセスを集めるには書いた記事が上位表示されなければいけません。
 

検索順位とアクセス数の関係ですが

記事の順位クリック率
1位の記事30~70%
2位の記事20~30%
3位の記事10~20%
4~10位の記事1~5%

くらいがクリックされます。
 

つまりアクセスがくるのは圧倒的に1位の記事!
 

1位でなくてもそれなりのアクセスがくるのが2~3位。

4位以降だと一気にアクセスは少なくなり、11位以下になるとほとんどのキーワードでほぼゼロです。
 

だから稼ごうと思ったら自分の記事を少なくても1~3位にしなくてはいけません。

1~3位にしないと稼げない、というのがわかってたら1~3位が狙えそうなキーワードしか選ばないし、1~3位になれるような記事を書くために記事の質を考えると思います。
 

でも「とにかく1日1記事書きましょう」という方針だったその塾では検索順位1~3位を狙いましょう、という部分についてはあまり強く教えてませんでした。

おそらく1~3位に入らなきゃダメですよなんて言ったら初心者は手が止まって記事が書けなくなっちゃうからでしょう。
 

でも記事を書くことには抵抗がなく、1日3~4記事も書けちゃうような私みたいな人には「とにかく1日1記事書きましょう」というアドバイスではなく「絶対に検索順位1~3位を狙いましょう」というアドバイスの方が圧倒的に重要でした。
 

アドセンスで稼ごうと思ったらアクセスが命なんで自分が書いた記事は全部検索結果の1位取るつもりで書く意識が重要です。

そのためにはしっかりライバルチェックして自分が勝てる身の丈に合ったキーワードを選ぶことも大事です。

アドセンスブログ初心者こそライバルチェックをやるべき理由

すべてを捨てて一から勉強し直すことにした

ここで私はそれまで軽く2000時間近くは費やしてきたそれまでの自分のブログの書き方をすべて捨てることにしました。
 

だって稼げなかったから。
 

その塾は半年継続したのでまだあと5ヶ月サポート期間が残ってましたが、そこからはもう塾のやり方は無視しました。

そして新たにいろんな情報商材を有料・無料問わず買いまくったり、いろんなブログを研究してひたすら稼げるブログと稼げないブログの違いを分析することにしました。
 

私が特に重要視したのは少ない記事数で稼ぐ方法でした。

自分が500記事書いて稼げない経験をして量産では稼げないとわかったからです。
 

アドセンスと言えばとにかく記事数が大事!記事数でごり押しできる!

という考え方の人がいるんですが、それは結構昔の話だと思います。
 

まぁキーワード選定と記事の質を最低限考えた上での量産とか、トレンドで一時的な収入になってもいいなら量産でも稼げる可能性はあります。

でも長期間グーグルのアップデートにも負けずに稼ぎ続ける資産ブログにしたいなら量産ではなく記事数は少なくても一つ一つの記事の質が高いブログを作った方が圧倒的にいいです。
 

ちなみに記事の質を極めたアフィリエイトの王道テンプレートの作成者である松尾さんは44記事で100万PVを超えてます。

私もさすがにそこまでは行きませんでしたが、少ない記事数で稼ぐことを追及してサイトを作った結果、80記事で20万PVとそれなりに結果が出てます。

 

アドセンス=量産という考えはもう古いです。

アドセンスで本気で稼ぎたいなら記事の質を上げる方法を学ぶことをオススメします。
 

「ブログは量より質」ってGoogle先生も言ってるのになぜみんな量重視なの?

ブログに100記事以上書いたのに稼げなかった人へ

500記事書いたのに1年以上月1万前後で停滞し、記事を書いても書いても稼げない状態から自力で這い上がって月収50万以上稼げるようになった私が、「記事を書いても書いても稼げない地獄から抜け出す方法」を教えます。

アドセンスで頑張ってるのに稼げない人をゼロにするメール講座へ