アドセンスで稼ぐ方法

アドセンスで月収1万円稼ぐのは簡単?必要な記事数とアクセス数の目安

アドセンスで月収1万円稼ぐ

アドセンスなら初心者でも簡単とはよく言われます。

しかし簡単なようで難しいのがグーグルアドセンス。

月収1万円も稼げてない人がたくさんいます。
 

でも理論上、アドセンスで月収1万円って結構簡単です。

私はアドセンスで月収1万円以上稼ぐサイトを10個持ってます。

ブログの記事数と収入は全然関係ない!?20サイトのデータ公開!
 

今回はアドセンスで月収1万円稼ぐのがいかに簡単か、またどうすれば月1万稼げるのかを説明したいと思います。

アドセンスで月収1万円稼ぐのに必要なアクセス数と記事数の目安

アドセンスで月収1万円稼ぐのがなぜ簡単か?
 

それはアドセンスで月収1万稼ぐのに必要なアクセス数は大体決まってるからです。
 

ズバリ3万PVです。
 

大体アクセス数の3分の1くらいがアドセンス収入になるので。

ジャンルによってはもっと少なくてもいけますし、もっと多くないといけないこともあります。
 

たとえばゲーム、スポーツ、マンガ、芸能、エンタメなどのジャンルを選ぶとアドセンスのクリック単価が低いので3万PVじゃ足りなくて5万PVくらい必要になるかもしれません。

が、平均としてはアクセス数の3分の1くらいなので3万PV集めれば1万円稼げるということで話を進めます。
 

月3万PV必要ということは1日に必要なアクセス数は1,000PVです。
 

1日1,000PVは初心者にとっては結構難しい数字だと思います。

でもこれは別に人気ブログじゃないと達成できない数字ではありません。
 

1日1,000PVはちゃんと戦略を練ってブログを書けば誰でも簡単に達成できるアクセス数です。

実際に計算するとこれはそんなに難しい数字じゃないことがわかります。
 

1記事平均100PV集められる場合:10記事

この場合たった10記事書くだけで月収1万円をクリアできます。
 

私は記事の質を超高めたブログを1個持ってますが、そのブログは1記事平均100PV集めてます。

ただ初心者向けの記事の書き方ではないですし、1記事の文字数平均4000字くらい書いてます。
 

また需要が大きくてライバルが弱いキーワードを狙わないと無理です。
 

ちなみに1記事で1日100PV以上稼ぐ場合、キーワードプランナーで1000-1万以上のキーワードを選ばないときついです。
 

1記事平均50PV集められる場合:20記事

次に1記事平均50PV集められるとしましょう。

この場合は1記事平均100PVの場合の倍で20記事書けば月収1万円をクリアできます。
 

1記事で平均50PVというのもかなり記事の質、キーワードの質が高くないと難しいです。

初心者だとなかなか達成できない数字だと思います。
 

1記事平均20PV集められる場合:50記事

次に1記事平均20PVまで下げると50記事書けば月収1万円達成できることになります。

1記事平均20PVというのはマイナーなキーワードで1位取ればいける数字です。

キーワードプランナーでいうと100-1000くらいのキーワードですね。
 

これくらいのキーワードだと初心者でも1位取れるくらいライバルが弱いキーワードも結構あるのでちゃんとキーワードを選びさえすれば達成できる数字だと思います。
 

1記事平均10PV集められる場合:100記事

さらに1記事平均10PVまで下げた場合、100記事書けば月収1万円達成できることになります。

100記事書くのは大変に思うかもしれませんが、1日1記事くらいモチベーションさえあれば誰にでもできます。
 

ちなみに1記事平均10PVは本当にマイナーでライバル弱いキーワードばかり選んでいればあまり質のいい記事が書けなくてもいける数字です。

キーワードプランナーでいうと10-100~100-1000のキーワードの中から特にライバルの弱いキーワードを選んで記事を書いていけば100記事で月収1万円は楽勝でいけると思います。
 

たとえば書いた記事の10%しか上位表示できないとしても、10記事に1記事は1日100PV出るなら1記事平均10PVです。

キーワードプランナーで1000-1万のキーワードばかり選んで、10記事に1記事は当たればいけます
 

と10-100~100-1000のキーワードでコツコツいくか、1000-1万のキーワードばかり選んでギャンブルするか、どちらの方法でも1記事平均10PVは割と簡単に達成できます。
 

1記事平均5PV集められる場合:200記事

さらに下げて1記事5PVしか集められないとします。

この場合は月収1万円稼ぐために200記事必要になります。
 

200記事も書いて月収1万円だとさすがにやる気なくしちゃうレベルかと思います。
 

超マイナーなキーワードだと1位とっても1日5PV~10PVしかこない場合も多いです。

私が過去に作ったブログでもそういうキーワード結構選んじゃって伸び悩みました。
 

でも1日5PVしか集められない記事でも200記事集まれば1日1,000PV。

塵も積もればで月収1万円稼げることになりますね。
 

1記事平均3PV集められる場合:333記事

さらにキーワードの選び方が下手だと1記事平均3PVしか稼げない場合もあります。

この場合、月収1万円稼ぐのに333記事必要になります。
 

333記事書いて月収1万円だとさすがに萎えます。

挫折感を味わうことになるでしょう。
 

ここまでまとめると月収1万円稼ぐためには理論上
 

1記事の平均PV月収1万円に必要な記事数
100PV10記事
50PV20記事
20PV50記事
10PV100記事
5PV200記事
3PV333記事

 

が必要。
 

初心者でも1記事平均20PV集められる人ならたった50記事書くだけで月収1万円稼げる

1記事平均10PVの場合でも100記事書けば1万円行ける。
 

そう考えるとアドセンスで月収1万の壁ってそんなに高くない気がしませんか?
 

実は私にも1記事平均1.5PVの暗黒時代があった話

今では1記事平均100PVの記事が書ける私ですが、昔は1記事平均1.5PVだった時代があります。

その時は努力量に全然見合わない報酬しか得られず、相当落ち込みました。

アドセンスブログ失敗体験談!500記事書いて稼げず5回絶望した話

その暗黒時代を乗り越えたからこそ、キーワードの重要性がわかります。

ただ適当にキーワード選んで記事を書いてるだけじゃアクセスは増えない

じゃあ100記事書いても月収1万円行かない人は何がダメなのか?
 

9割方キーワードが原因です!
 

ブログに記事を書くことはみんなやるけど、キーワード選定をちゃんとやる人は少ないんですよね。

でも実はキーワード選定は記事を書くことの数倍重要で、本来記事を書く時間よりキーワード選定の時間の方が長くなるべきなんです。
 

アドセンスブログで稼ぐためにはそれくらいキーワードは重要です。
 

じゃあキーワードはどう選んでどう入れればいいのか簡単に解説します。
 

アドセンスで稼ぐためのキーワードの入れ方

まずタイトルにキーワードを入れること。

タイトルに入れるキーワードは3語以上の複合キーワードにすること。

見出しにもキーワードを入れること。

本文中にも不自然にならない範囲でキーワードを散りばめること。
 

これができてないとお話になりません。

たいていのアドセンスで稼ぐ系の教材にこの部分は書いてあるのでできてる人も多いと思いますが、これができてない場合はただの日記記事を書いてるのと同じといっていいくらい稼げません。
 

アドセンスで稼ぐためのキーワードの選び方

選ぶキーワードがダメな場合、いくらタイトルにキーワード入れて質のいい記事を書いたとしても絶対稼げません。
 

  • ライバルが多すぎるキーワードを選ぶ
  • マイナー過ぎるキーワードを選ぶ

 

  • ライバルが弱いキーワードを選ぶ
  • キーワードプランナーで需要があるキーワードを選ぶ

 

100記事以上書いて月1万円稼げてない人は悪い例のどちらかになってる人がほとんどだと思います。
 

私が過去に失敗したのもライバルが多すぎるキーワードとマイナー過ぎるキーワードばかり選んでいたのが原因でした。

あと大して需要ないのに無駄にライバル強い最悪のキーワードで頑張ってたりとかね。
 

本気で稼ぐためのブログを作りたいならキーワードプランナーは必須ツール

アドセンスで稼ぐ系の教材の中ではキーワードプランナーを使うか使わないかは意見が分かれます。

実際、キーワードプランナーは使わなくても稼げますし、使っても稼げるのでどっちでもいいと思います。
 

ただ私は初心者が最初の月収1万円稼ぐまでは使うべきと考えてます。

なぜなら稼ぐ感覚をつかめるからです。
 

自分は需要あると思ったキーワードが実は全然需要なかったという例が意外と多いんです。

キーワードプランナー使わずにキーワード選定してるとこういうケースが多くなりがちです。
 

キーワードセンスがある人はそうならない場合が多いんですが、センスない人がキーワードプランナーなしで選ぶと結構ミスっちゃうことが多いんですよ。
 

だから初心者はキーワードプランナーでちゃんと数字が出るキーワードを選んだ方が確実にアクセスのある記事が書けると思います。

初心者は1記事平均20PVを目指そう

最初に説明しましたが、月収1万円稼ぐためには、1記事平均20PVならたったの50記事でいいのです。

50記事くらい誰でもちょっと頑張れば書ける量です。
 

問題はその50記事のキーワードの選び方です。
 

ライバル多い、マイナー過ぎるなどの稼げないキーワードを選んでしまえば1記事平均1~5PVとかしか稼げず、50記事書いても月1万行きません。

ライバル少ない、需要はちゃんとある稼げるキーワードを選べば初心者でも1記事平均20PV稼げて月収1万円をたった50記事で達成できます。
 

1記事平均20PVを達成するにはキーワードプランナーで数字が100-1000または1000-1万のキーワードばかり選べばいいのです。

そしてキーワードプランナーで数字が100-1000または1000-1万のキーワードを1個1個グーグルに打ち込んでライバルチェックしていき、ライバルが弱いキーワードだけをピックアップしてそのキーワードで記事を書きます。

そうすれば50記事で月収1万円を達成できる可能性はかなり高いと思います。
 

また、キーワードプランナーで数字が出なくても需要があるキーワードもあります。

需要がありそうだけどキーワードプランナーでは数字が出ない場合はYahoo!知恵袋にキーワードを入れて質問がたくさん出てるかどうかを調べるといいです。

それで質問が多ければお宝キーワードの可能性があるので記事を書くべきです。
 

そうやってキーワード選定をしっかりして記事を書けばアドセンスで月収1万円は誰でも稼げる金額です。

記事を書いてからアクセスが集まるまでのタイムラグに注意

1記事平均20PVなら50記事書けば月収1万円稼げると書きましたが、正確にはこうです。
 

50記事書いてから3か月~半年後には月収1万円稼げてる。
 

記事が評価されてグーグルに上位表示されるまでには3か月~半年のタイムラグがあります。

ブログパワーが上がれば、あるいはライバル皆無のキーワードを選べば多少タイムラグが短くなりますが、基本的には最低3か月は待たないとその記事が持つポテンシャルがアクセスに反映されません。
 

だからしんどいんですよね。

月収1万円すら稼げてない状態でさまよってるときが一番しんどいです。
 

でも数字は裏切りません。

ちゃんとキーワードプランナーで数字が出るキーワードを選んでライバル記事に勝てる記事を書いていれば3か月後には必ず結果が出ます。
 

一度稼げれば稼ぐ感覚が身に付くのでそこからは収入を月3万、5万、10万と稼ぐのも容易になります。
 

月収1万円まではしんどいですが、信じて頑張るしかないですね。

まとめ

以上、ちょっと煽りタイトルにしましたが、アドセンスで月収1万円稼ぐのがいかに簡単かを説明してみました。
 

理論上、アドセンスで月収1万円は1記事平均100PVなら10記事だけで達成できちゃいますし、1記事平均20PVでも50記事書くだけで達成できる数字ということでした。
 

理論上は簡単だけど実践するのは難しいんでしょ?と思う人もいるかもしれません。

しかし冒頭でお伝えした通り、私はアドセンスで月1万円以上稼ぐサイトを実際に10個持ってます。

ブログの記事数と収入は全然関係ない!?20サイトのデータ公開!
 

とはいえ100記事以上書いても月1万円行かない人も多いでしょうし、私も500記事書いて月1~2万だった時期があります。

こういうちゃんと記事書きは頑張ってる割に稼げないケースの大半はキーワードが原因です。

努力を無駄にしないためにキーワード選定には記事書きの数倍力を入れましょう。
 

キーワード選定さえちゃんとやればアドセンスで月収1万円は簡単ですからね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です