外注化

時間のないサラリーマンにアフィリエイト外注化をおすすめしない理由

時間がない人が外注すべきというのは嘘

サラリーマンの副業としてアフィリエイトをやってる方。

副業で時間がない人こそ外注を使うべきって意見が多いです。
 

でも私の経験上これはです。

私は副業で時間がない人が外注することはおすすめしません。

むしろ専業で時間がある人にだけおすすめしたいです。
 

その理由はなんなのか、私の副業時代と専業になってからの外注経験を元に解説します。

時間のない副業アフィリエイターに外注をおすすめしない理由

1. 外注化こそむしろ時間がかかるから

理由は外注化にこそ時間がかかるからです。
 

自分で記事を書くのにかかる時間<外注化にかかる作業時間
 

です。
 

外注化して自分で記事を書くより楽に記事を量産してる人は確かにいます。

でもそういう人はその仕組みを作りのに間違いなくかなりの時間がかかってます。
 

たいていの人はそんな仕組みは作れないため、記事作成を外注化することで自分で記事を書くよりもむしろ大変になってしまうケースが多いと思います。
 

そして同じ1記事なら確実に自分で書いた記事の方が稼げます。

自分で1記事を書く労力と外注に5記事書いてもらう労力が同じくらいじゃないと釣り合わないかなと思います。
 

たいていの場合、自分で1記事書く方が断然楽だしその方が稼げます。

2. 外注化するとアフィリエイターとして成長しないから

2つ目の理由は外注化して自分で記事を書かなくなることでアフィリエイターとして成長しにくくなるからです。

外注化をスタートしてしまうと毎日外注とのやり取りばかりで忙しくなり、他のことに使える時間がなくなります。
 

その結果、自分で新しいことを試したり、試行錯誤する時間がなくなり、アフィリエイターとして成長できなくなります。

3. 外注で上手くいってるのはごく一部の人だけ

私はブログ記事の外注にクラウドワークスを利用しています。

で、募集をかけるときに相場確認のために他のライバルクライエントの案件をチェックしたりします。

そのとき見かけるのは長く募集してるのに応募0件の案件ばかりです。
 

外注を募集してもそもそも応募が来ないケースが大半なのです。

クラウドワークスやランサーズなどは初心者ライターを低単価で雇えるのが魅力なんですが、ここ最近ライターの数が減ってるのか、相場が上がってるのか、2~3年前よりかなりライターが集まりにくくなってる印象です。
 

また、クラウドワークスやランサーズと違って、募集すれば記事が必ず納品される確率が高い忍びライティングやザクーワークスという記事作成代行サービスというのもあります。

これらはコピペチェックなどのサービスがあり、納品される記事の質がある程度保証されます。
 

でもその代わりこちらからマニュアルを渡して詳細な指示が出来ません。

なのでこちらの思い通りの記事を納品してもらうのが難しいです。
 

外注化を始めるために必ず必要なライターを集めることすらかなり難しいんですよ。
 

なので外注化で上手くいってる人ってごく一部しかいないんじゃないかなと思います。

外注化に試行錯誤する時間があったら自分で記事を書いてた方が稼げてた

ここからは私の体験になりますが、私はアフィリエイトを初めてから10か月後くらいから最初は副業で外注化を始めました。

某外注化で有名な有料教材も買いましたし、その後いくつかの外注教材を買い足してもいます。
 

それでも有料教材の外注マニュアルをそのまま使って上手くいく、ということは一度もありませんでした。

自分でかなり試行錯誤が必要でした。
 

そして外注化を始めてからかなり後悔しました。

なぜなら、それまで使ってたアフィリエイトの作業時間の大半を外注とのやりとりに使わなければいけなくなったからです。
 

私は自分で記事を書けば確実に稼げるという感覚を掴んでました。

だから基本的には自分で記事を書いて、プラスアルファで外注して収入をより増やそうという考えでした。
 

この基本は自分で記事を書いて外注もやる、という考えはサラリーマンが副業でやるには甘かったです。

平日は外注とのやりとりだけで1日が終わってしまい、自分で記事を書く時間がなくなりました。
 

それから1年以上経って専業化した今だからわかります。

私のようなケースだと確実に外注をしないで全記事自分で書くスタイルの方が稼げます。
 

つまり

  • サラリーマンの副業
  • 自分で記事を書いて稼ぐコツがわかってる
  • 自分で記事を書いて、プラスアルファで外注もやりたい

というパターンの場合は外注しない方が稼げる可能性が高いです。
 

もちろんそれでも外注が上手くいけば稼げますけど、私の場合は外注に中途半端にかけた労力を全部自分で記事を書くことに回してた方が確実に稼げてました。
 

なぜなら、外注がうまくいくまでにものすごく時間がかかったからです。

詳しくはこちらの記事で書いてます。

ブログは外注すれば楽になるのは幻想。むしろめんどくさすぎた話
 

外注はライター集めるのも大変だし、毎日のメッセージのやり取り、納品された記事のチェックと実はかなりめんどくさいのです。

外注に記事3本書いてもらう入り自分で1記事書く方が楽なくらいです。

そして外注記事3記事より自分で書いた1記事の方が稼げます。
 

外注すれば楽になる、より稼げる、って考えで安易に手を出さない方がいいです。

外注化はむしろ時間がたっぷりある専業の人におすすめ

私は時間のないサラリーマンよりむしろ時間がたっぷりある専業の人の方が外注化するべきだと思ってます。

なぜなら、専業の場合、1日が24時間あっても24時間集中して作業できるわけじゃないからです。
 

自分が集中力が使える時間は自分で記事を書くことに使い、集中力が落ちてる時間帯は外注のやり取りや、その他の雑務に当てる。

これがベストです。
 

私自身今はアフィリエイト専業ですがそんな感じで時間を使ってます。
 

外注化はあくまで余った時間にやること。

自分のエネルギーは外注化ではなく、自分で記事を書くことに使うのです。
 

私の場合だとこれが一番稼げます。
 

で、副業でやるなら時間が余ることなんて普通ありえないと思うので、外注化はするべきじゃない、というのが私の考えです。
 

もちろん人によっては自分で記事を書くよりも外注の方が得意で逆のパターンもあると思いますが、外注化が上手くいく人はあまりいないという話をしたように、私のような人もいっぱいいると思います。

なので外注化が上手くいってる人の話を鵜呑みにせず、外注化するかしないかは慎重に決めた方がいいですよ。

ブログに100記事以上書いたのに稼げなかった人へ

500記事書いたのに1年以上月1万前後で停滞し、記事を書いても書いても稼げない状態から自力で這い上がって月収50万以上稼げるようになった私が、「記事を書いても書いても稼げない地獄から抜け出す方法」を教えます。

アドセンスで頑張ってるのに稼げない人をゼロにするメール講座へ