ポリシー違反

アドセンスのポリシー違反を何も修正しないで申請したら通った話

アドセンスのポリシー違反がきました。
 

その内容は・・・アダルト!!
 

いや待って私アダルトの違反とかしてないから。

と思って違反喰らったページ見たけど、「え?これで違反取るの?」ってレベルだったので納得いかず。
 

ダメ元で何も修正せずに再審査を申請。

そしたら普通に通っちゃった、というお話です。
 

アドセンスのポリシー違反の内容は・・・?

まず最近アドセンスのポリシー違反がページ単位に変わったことはご存知でしょうか?

知らない方は以下の記事をお読みください。

アドセンスポリシー違反がページ単位に変わったのはメリットだらけだよって話!
 


 

こんな感じのメールが届きます。
 

本日は Google サイト運営者様向けポリシー レポートをお送りいたします。お客様のウェブサイトの特定のページで見つかったポリシー違反に関連する最近のアクティビティをご確認ください。違反措置の適用状況は随時変更される可能性があります。現在適用されている違反については、AdSense ポリシーセンターの [ページ単位の違反措置] をご覧ください。

サイト全体またはアカウントのレベルで発生した違反については、このレポートに含まれませんのでご了承ください。サイトやアカウントのレベルで違反があった場合は、別途メールでお知らせすることがあります。ページ単位であれサイト単位であれ、ポリシー違反がなかった部分については広告掲載が続行されます。

過去 24 時間の情報:

新たな違反が検出されました。AdSense プログラム ポリシーへの違反が見つかったページでは、広告掲載が制限または停止されています。この問題を解決するには、違反しているコンテンツを削除して、審査をリクエストしていただくか、違反しているページから広告コードを削除する必要があります。

ポリシー施行の詳細については、AdSense ヘルプセンターでご確認いただけます。プログラム ポリシーについて詳しくは、AdSense プログラム ポリシーをご覧ください。

 

ページ単位の違反なので、サイト全部の広告を止めると脅されてるわけではありません。
 

「このページに違反があったので広告の配信停止しましたよ。再開してほしければ修正して再審査申請しなさいよ。」
 

という話です。
 

で、ポリシー違反レポートのメールから違反のあったページと違反内容が見れるようになってるので見てみたら・・・。
 

違反内容:アダルト
違反のあったページ:とある占いについての記事
 

そのページを見て確認しましたが、納得いかず。

そのポリシー違反、異議あり!

アダルトの違反というのはまったく心当たりがなかったので予想外でした。

でも占いの記事ってことはもしかして…ともって確認してみたところ、確かに若干アダルトと取られてもおかしくないかもって感じの文章がありました。(外注したので自分で書いた文章ではありません)
 

でもこのページがアダルトの違反を取られることには納得がいきませんでした。

だって趣旨は占いの記事ですし、たまたまちょっと性的なことも書いてあるけど、別に子供が読んでもいいレベルです。
 

グーグルアドセンスのアダルトに関するポリシーに「ファミリーセーフ」っていう言葉があります。

記事中にアダルトに関する内容があった場合に違反を取るか取らないかの基準を
 

子供と一緒に見ても大丈夫かどうか。
 

で判断する、と言うものです。
 

私の記事は完全にファミリーセーフのレベルだと思いました。
 

たぶんこれポリシー違反取ったグーグル社員のアダルトの感覚がズレてたんじゃないかと思います。

アダルトの感覚って人によって違いますし。
 

再審査をしてもらって別の人にチェックしてもらったら通るんじゃないかなーと考えました。
 

そこで例のメール内のリンクから飛べるグーグルアドセンスアカウントのポリシー違反のページの手順を無視し、何も修正せずに右下の「解決済みにする」をクリック。

そしたら半日も経たずに
 

「広告は掲載されています。ページ違反はありません」
 

が表示されました。

広告は掲載されています。

 

やっぱりポリシー違反した人の感覚がズレてただけだったみたいですね。
 

グーグルのポリシー違反に納得がいかない人は試してみよう!

グーグルのポリシー違反がページ単位に変更されてから違反レポートメールがよくくるようになった方もいると思います。

そして違反の内容にいまいち納得できない方。
 

私と同じように何もせずに一度「解決済みにする」をクリックして再審査してもらってはいかがでしょうか?

たぶん別の人が審査してくれるので通るかもしれません。
 

ちなみになんですが、「放置する」という選択肢もあります。

私はこのページ単位のポリシー違反メールに気づかずに放置してしまったことがありますが、何もしてないのに後日広告が再開されてました。

アドセンスのポリシー違反を放置したら勝手に取り消されてた話
 

これはちょっと不思議ですね。

予想ですが一度違反をとったページを別の人がまたチェックしてその人がOKしたことで再開されたということなのかなと思ってます。
 

グーグル様といえどポリシー違反を取るか取らないかは人によって微妙に違うんでしょうね。
 

つまり違反かどうかが微妙なレベルの違反であれば別の人に再審査してもらうことで通る可能性があるということです。

もちろん誰が見ても明らかに違反とわかるようなレベルだったら普通に却下されるでしょうね。
 

これちょっとどうなのかわからない、という方であればとりあえず「解決済みにする」を押して再審査してもらうといいでしょう。

別に再審査してまた直ってませんとメールがきたからって損するわけでもないですからね。
 

ただし、1 か月間に審査をリクエストできる回数には上限があるとのことです。

ページのポリシー違反を解消した際には、審査をリクエストできます。ただし、1 か月間に審査をリクエストできる回数には上限があります。

 

やりすぎには注意しましょう。

ブログに100記事以上書いたのに稼げなかった人へ

500記事書いたのに1年以上月1万前後で停滞し、記事を書いても書いても稼げない状態から自力で這い上がって月収50万以上稼げるようになった私が、「記事を書いても書いても稼げない地獄から抜け出す方法」を教えます。

アドセンスで頑張ってるのに稼げない人をゼロにするメール講座へ